プラントにおけるプロセス関連用語をまとめました。例えば、「プロセス」「工程」「プロセスプラント」「プロセスエンジニアリング」「ライセンサー」等々。


この安全設計では、プラントの安全設計を行う上で注意すべき事柄やリスクをどのようにして見つけ出して対応するかについて述べていきたいと思っております。ですから、単にHazopやFMEAなどの手法の説明ではなく、それらとプロセス設計との関係をお話ししたいと考えています。


基本設計演習としてプロセス設計の実務を連載中です(2009.01現在)。プラントについてある程度知っているけれど、プロセス設計については余り知識がない人を対象としています。プロセス設計への入門編としてもご利用下さい。


基本設計演習としてエタノール合成設備を取り上げました。プロセス設計についてある程度の知識がある人を対象としています。プロセス設計は全く初めてという人は、下記の「プロセス設計の実務」をご覧下さい。

このエタノール合成は本演習のための仮想プロセスで、実際に商業化されてはおりません。


プロセス設計に必要なユーティリティー設備(用役設備)について解説しています。これらについて、例えば以下のような内容についてお知りになりたい方は・・・。

  1. 用役設備の種類:用役設備(Utility facility)とはスチームや電力などを扱う設備です。用役はユーティリティーとも呼ばれ、原料や副原料と同様にプラント運転に必要なもので、日常生活ではライフラインとも呼ばれています。このユーティリティーには以下のようなものが含まれます。
  2. 電力供給システム:電力はプラント内の設備や機械の駆動源で、計装制御回路や照明などの電源としても使用されます。必要な電力をどのように手当てするかで、プラントの設備仕様や保守内容が大きく変わるので、十分に検討して電力設備の仕様を決めなければなりません。電力供給方法を検討するに当たっては、以下の項目を考慮して決定します。