お問い合わせフォームを作成致しました。"お問い合わせはこちらへ"をクリックしていただければ、お問い合わせフォームの画面が開きます。

エクセルギーデザイン共同研究講座

このエクセルギーデザイン共同研究講座はエネルギー評価尺度にエクセルギーの採用を推し進めるために設置された研究講座です。詳細は「エクセルギーデザイン共同研究講座」にアクセスして見て下さい。なお、物性と共にエクセルギー計算も出来るようになっています。

IFA:International Fertilizer Industry Association

世界の人口がとうとう70億人を超えてしましました。そこで問題となるのが食糧の確保やエネルギーの確保です。IFAは食料生産に欠かせない肥料工業に関するworld webです。種々の統計データもありますので活用してみてください。

Steam Tables Online

スチームの物性に関するWebについてはすでに”蒸気表、蒸気の知恵袋”で紹介致しましたが、今回はエントロピや輸送物性を表示してくれる”Steam Tables Online”を紹介します。このWebでは他にアンモニアや二酸化炭素、HFC-134aに関する物性をエクセルに組み込めるFree Gagetが用意されています。

Equipment CostsLinkIcon

Process Economicsとは新規プラント建設において必ず確認すべき「収益性分析」などの経済性検討のことです。この収益性分析を行うためには機器・機械費を見積もる必要があります。そのコスト見積のためのWebを紹介します。(ページの最後にアクセス出来るリンクが張ってあります)

Journal@rchive

Journal@rchiveを紹介します。以前にも検察ツールとして紹介しましたが、最近、多孔板での圧損計算を行うために資料を探していましたが、その際にJournal@rchiveを使って目的の論文を探すことができました。種々の学会誌などを中心に検索できるサイトで、技術情報の宝庫です。一度、お試しください。

Engineering Data Book (12th Ed) 電子版の紹介

米国の天然ガス関連の営利を目的としない事業者団体(Gas Processors Association)から出版されていますEngineering Data Book (12th Ed) を紹介します。嬉しいことに電子版として無料でダウンロード出来ます。内容はVolime1とVolume2に分かれ、例えば以下のようなエンジニアリング分野を含んでいます。Engineering Data Bookで検索すれば、ダウンロード可能なサイトにアクセス出来ます。例えば4SHARED DESKTOPなど(会員になる必要はありません)

  • Measurement、Instrumentation、Relief Systems
  • Storage、Separation Equipment、Fired Equipment
  • Heat Exchangers、Aircooled Exchangers、Cooling Towers
  • Pumps and Hydraulic Turbines、Compressors and Expanders
  • Refrigeration、Hydrocarbon Recovery
  • Fluid Flow and Piping、Utilities
  • Fractionation and Absorption、Dehydration、Hydrocarbon Treating、Sulfur Recovery
  • Physical Properties、Thermodynamic Properties、Equilibrium Ratio (K) Data

電磁誘導法による探傷技術(Electromagnetic Induction Nondestructive Inspection System)

弊社の協力会社の大日機械工業株式会社が開発した”電磁誘導法による金属内部、或いは裏面の検査技術”を紹介します。現在、応用技術として核燃料の再処理工程にある二重容器内面の腐食監視用装置を開発しているとのことです。他分野にも応用できる技術ですので、興味があるかたは資料をダウンロードしてみて下さい。
電磁誘導法による探傷技術(日本語版)LinkIcon
Electromagnetic Induction Nondestructive Inspection(English)LinkIcon
メールでのお問い合せはこちらへどうぞ。LinkIcon

ネットアプリケーション紹介(Wind Tunnel

昨年、iPad2を購入しました。メールのチェックやお気に入りのWebを見るにはiPadで十分です。特に気に入ったiPadアプリが「Wind tunnel」です。これは”流れの可視化”を可能にしたツールで、例えば反応器内部の流れや管路の流れをイメージにするには十分なツールです。ただし、有償(Lite版とPro版がありそれぞれ\170と\500とわずか)で、iPadやiPhoneからしか見えませんが・・・。

何が起きるかわからない時代ですから、「自分のPCにストアーされている情報やデータの保守管理には十分に注意を払う」、これは必然です。そのための”クラウド”、その一つがすでに紹介したDropboxです。
Web情報を素早くクリップしたい人、あるいはWeb情報を整理しておきたい人にはEvernoteをどうぞ。両者ともある程度までは無料で使用できます。

基本設計演習資料のダウンロードNEW

化学工学で使用する伝熱と流体、その中でも回転機に関する計算式をまとめ、PDF化しましたのでご利用下さい。

停電対策

東日本大震災で注目を浴びている非常用発電機に関する情報サイトを紹介します。それは「電気設備の知識と技術」で、”非常用発電機の設置基準”について細かく説明されています。弊社ホームページの「安全設計」と合わせて読んでいただければ幸いです。

法規と規制

REACH(欧州化学品規制)が6月より運用が開始されています。欧州に物質(年間1ton以上)を輸出される事業者は登録手続きが必要となります。詳しくは方は経済産業省のホームページ(化学物質管理政策)へ。

計算ツール

化学プラントでは多くのメタルパーツが使用されています。その中には分離槽(セパレーター)で使用されるデミスターやパンチングメタル(金属多孔板)とか金網など、内部に組み込まれ外部からは見えない縁の下の力持ちが多く存在します。反応器のプロセス設計でもそれらパーツを含めて流動解析を行う機会が多く、開孔率の計算が必要となります。
そこで今回は開孔率の自動計算が出来るWebを紹介します。Punching WorldLinkIcon
熱交換器のチューブ本数あるいはおおよそのシェル径の推算にも利用できます。

紹介Web一覧

過去の紹介Webを移動しました。過去の紹介Web一覧

ダウンロードページの移転

ダウンロードできるファイルを1箇所にまとめましたのでご利用下さい。ダウンロード